げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  マンガ・アニメ >  『美味しんぼ』に登場する「松井英介」医師夫妻の経歴が別の意味で凄い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『美味しんぼ』に登場する「松井英介」医師夫妻の経歴が別の意味で凄い

松井和子

◆またまた~。ニコ中は祭り好きだからなー
と、調べてみました。

◆「美味しんぼ」を読んでなくて、松井英介医師って誰?って方に補足。

「美味しんぼ」登場の医師 「すべて事実。抗議は被災者に失礼」

「綿密な取材を受けた」

 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味(おい)しんぼ」に「岐阜環境医学研究所長」として実名で登場し、原発事故や震災がれきと鼻血の関連性を指摘している元岐阜大助教授の松井英介医師(76)=岐阜市=は12日、本紙の取材に「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張した。福島県や大阪市などの抗議には「〝事実無根〟というのは、その人たちに失礼だ」と反論した。

 放射線診療が専門。福島県双葉町に依頼されて2012年度から町の放射線アドバイザーとして年間数十日、町内に滞在し、多くの被災者から「鼻血が突然出る」「せきが止まらない」「体がだるい」などの症状を聞き取ったという。

 「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんと昨年末に出会い、4カ月にわたり「綿密な取材を受けた」と強調。問題の漫画を「子どもたちが読んで、自分の体の仕組みや放射線に関心を持ってほしい」と話した
c3aa40.jpg
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140513073049244

rJeTv.jpg

◆マンガ「美味しんぼ」では、この説明をしている方です。


◆奥様をみてみましょう。
ニコ動にある、岐阜「ポラムの会」とかググってみましょう。

「朝鮮学校をわかって」

岐阜「ポラムの会」 松井和子さん

 「ポラムの会」は岐阜朝鮮初中級学校を支援する日本市民らの団体。メンバーは弁護士、僧侶、教員、主婦などさまざま。カンパやオモニ会のキムチ販売の手伝い、学校行事を通じた交流を行っている。

 10年前、初めて同校を訪れた際、修復されず痛んだ校舎や設備を見て胸を痛めた。そして仲間とともに蛍光灯の交換など支援を始めた。それが今では、月500円のワンコインカンパとして受け継がれている。

 会報は企画から編集、印刷まで自らこなす。

 「朝鮮学校が普通の学校だとわかってほしい」

 授業参観や交流など同会の活動は、朝鮮学校に対する偏見や不安の解消に大きく貢献している。

 「『おかしい』とはっきり言えない社会」「良いことをしても名乗れない現状」を打開すべく、「より多くの人を集め、手を携えていきたい」と語る。(泰)

[朝鮮新報 2011.2.21]
松井和子2
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2011/06/1106j0221-00002.htm
(魚拓)


岐阜初中支える「ポラムの会」発足式 「ウリハッキョの存在は宝」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/03/1003j0514-00001.htm



◆これだけでは、夫婦とはわからないですね。

詩空間: お盆に読んだ本②松井英介『見えない恐怖──放射線内部被曝』(旬報社)
http://reliance.blog.eonet.jp/default/2011/08/post-94a6.html
◆抜粋

私がこのような素晴らしい本と出会えたのも、やはり『朝鮮学校無償化除外反対アンソロジー』を通してです。同書を介して知り合った、岐阜朝鮮初中級学校を支援する「ポラムの会」を主宰されている松井先生の奥様が、この本を贈って下さいました。

(魚拓)


◆決まりですかね?
こんなのもある

朝鮮学校への「高校無償化」制度即時適用を求める詩人の要請書賛同
http://reliance.blog.eonet.jp/default/2012/01/post-3cec.html

◆抜粋

松井和子(「ポラムの会」共同代表)

(魚拓)

(勉強会開催のお知らせ) 1000人の体調変化とガレキ焼却~呼吸による内部被曝の危険性
2013年04月14日(日) 12時18分06秒
テーマ:ブログ

大阪市における災害ガレキの焼却が始まり、2か月が経過しました。この間、私どもには多数の体調変化の報告が寄せられました。また、それらを盛り込んだ陳情書を提出したものの破棄するといった事案も発生。ほんとうに信じられない日常が続いています。


それらを踏まえた上で、内部被曝に詳しい医師お招きして、震災ガレキの危険性、特に吸気による内部被ばくの危険性やアスベスト、農薬などの有害物質の危険性を松井先生にご講演をいただきたいと思います。開催まで、1週間と迫っておりますが、お早めにご予約くださるようお願い申し上げます。


第2回大阪市民勉強会開催のお知らせ
「1000人の体調変化とガレキ焼却~呼吸による内部被
曝の危険性~」

★講師:松井英介所長(岐阜環境医学研究所)

http://zazendoh.town-web.net/

呼吸器系の専門家であり、内部被曝にも詳しい松井英介医氏によるガレキ問題を踏まえた勉強会を開催します。参加枠は34名しかありませんが、ぜひ、ご参加ください。(もちろん大阪以外の方もご参加OKです。)


★松井英介氏プロフィール★

1938 年生まれ。
岐阜県立医科大学卒業後、
岐阜大学医学部放射線医学講座助手、講師、助教授。
1981~82年 ベルリン市立呼吸器専門病院Heckeshorn病院留学。
医学部退官後、愛知県犬山中央病院放射線科部長を経て、
岐阜環境医学研究所・座禅洞診療所を開設、所長、現在に至る。
この間、呼吸器疾患の画像および内視鏡診断と治療、肺がんの予防・早期発見、集団検診ならびに治療に携わる。
厚生労働省『肺野微小肺がんの診断および治療法の開発に関する研究』等、肺がんの診断・治療法の確立に関する研究委員、日本呼吸器学会特別会員・専門医、日本がん検診・診断学会評議員、日本呼吸器内視鏡学会特別会員・指導医・専門医、東京都予防医学協会学術委員など。

受賞
・日本気管支学会第一回大畑賞(2001年)
・第13回世界気管支学会・気管食道学会 最優秀賞(2004年)。

執筆活動
「Handbuch der inneren Medizin IV 4A」
 (1985年 Springer Verlag)、
「胸部X線診断アトラス5」
 (1992年 医学書院)、
「新・画像診断のための解剖図譜」
 (1999年 メジカルビュー社)、
「気管支鏡所見の読み」
 (2001年 丸善)など。

著書
  『見えない恐怖 放射線内部被曝』
共著『放射線被ばくから子どもたちを守る』
  『放射能汚染 どう対処するか』
★開催日時★ 4/
21(日) 13時30開会~16時30分終了


★開催場所★ 毎日インテシオ

★参加費 500円

★参加希望の方は、こくちーず↓よりお申し込みください。


http://kokucheese.com/event/index/85954/

http://ameblo.jp/osakaokan2012/entry-11511114967.html
(魚拓)

◆大阪災害ガレキの焼却の出所ってココだったんだ。
前の記事で冗談で「美味しんぼがプロパガンダに使われてそうだ」
と、書いたんだけど、まんざら当たらずといえども遠からずか?

関連記事
[ 2014年05月16日 17:39 ] マンガ・アニメ | TB(-) | コメント(19)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。