げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  任天堂 >  任天堂、第74期 定時株主総会の質疑応答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

任天堂、第74期 定時株主総会の質疑応答

しつぎおうとう

2014年6月27日(金)第74期 定時株主総会 質疑応答
http://www.nintendo.co.jp/ir/stock/meeting/140627qa/index.html

Q1は、ほぼE3の話。
ロサンゼルスで5万人ぐらい
E3は流通パートナーやマスコミ等向けのトレードショーで約5万人
『Wii U GamePad』の有用性
「Nintendo Digital Event」には、400万から500万のビュー
他社の差別化など

Q2

 最近、株主優待が非常に人気がある。特に個人株主というのは基本的に任天堂さんのファンだから株を持っているわ けなので、何か任天堂関連のものをいただけると非常にうれしい。もちろん、ハードウェアのような原価率の高いものはあまりよくないと思うが、以前クラブニ ンテンドーの景品になった『チンクルのバルーンファイトDS』や『GAME & WATCH COLLECTION』のようなソフトウェアをいただけないか。


俺も欲しい。

Q3

 Wii Uの新作『ゼルダの伝説』の次の情報はいつ出るのか。来年のE3より前に出るのか。


こんな質問は、ほとんど答えられないね。
気になるけど。

Q4
『Splatoon(スプラトゥーン)』とスマホ。
答えを見るかぎり、スマホは補助的になるだろう。

Q5
「引っ張ったら縦横に倍ぐらいの大きさになったらいいな」

引っ張るのは無理だろう。
縦横倍はいいけど。

カジノ、東京オリンピックは任天堂はあんまり関係なさそう。

Q6
中国市場
現在研究中

Q7
一人でのめり込むようなタイプのゲーム →『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』
「オープンワールド」 →(お客様に)理解していただきやすい

Aの8
「高解像度にすることは当たり前で、それが特色にはならない」ということです。
「大容量ではないがピリっとしたメモリ等の効率の良さ」
「人と違うことをやりながらお客様に楽しい驚きを提供する」というDNA


新しいのは難しいですな。

Q9
私にはゲームのことは分からないので、岩田社長が「業績が悪かったら辞める」と言っていたにもかかわらず

これ、ゲームのこともわからなければ、去年の質疑応答も読んでないな。
ニュースを鵜呑みにするとひどい目にあうぞ。

Aの10
売上高は74期実績は5,717億円でしたが、これを5,900億円にし、営業利益は(74期実績の)464億円の営業損失を400億円の営業利益にしたいと考えています
とりあえず、営業利益だな。
『マリオカート8』や『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』でどこまで伸ばせるか?
海外のスマブラ人気は結構ビックリする。

Q11
健康器具のメーカーになってしまうのではないかという不安
実はこっちのほうが安定になるような気もする。
ただ、それが本業になるとエンターテインメントではなくなるな。

Aの12
現在、日米欧で私たちのニンテンドー3DSおよびWii Uのソフト開発をしていただいているソフトメーカーさんの数は、アメリカでニンテンドー3DSが約40社、Wii Uが約20社、それからヨーロッパでも同じぐらいの数のソフトメーカーさんに契約していただいています。これにダウンロードソフトを開発されているソフトメーカーさんを合わせますと、アメリカでニンテンドー3DSが約130社、Wii Uが約200社、ヨーロッパではニンテンドー3DSが約160社、Wii Uが115社程度、日本ではニンテンドー3DSが約140社、Wii Uが35社程度

結構、ありますな。

(ソフトメーカーさんの)スマートデバイス向けのアプリがニンテンドー3DS向けに発売され、販売本数が100万本を超えているタイトルもあります。この状況をご覧になったアプリの開発者の方が、ニンテンドー3DS向けの開発を積極的に考えていただいている状況です。

話は来てる様子。

Q13
自社株

Aの14
 キャラクターIPの活用に関しまして、いくつかある中の直近の話としましては、NFC機能を埋め込んだ任天堂キャラクターのフィギュアである『amiibo』を年末から展開する予定

これなんだ。
マリオのコインとかなら、持ち運びに便利そうなのだが。
又は、任天堂らしくトランプ型とか。

Q15
 任天堂の公式サイトで時々更新していた「社長が訊く」というコーナーが好きだった。最近は岩田社長の健康上の理由で途絶えているのはわかるが、それ以前から更新が少なくなっているのはなぜか。

俺も楽しみにしている。
動画も良いが、文字でも読みたい。

Q16
昨年亡くなられた山内前社長のご冥福をお祈りさせていただきます。

Q17
 エンターテインメント業界や娯楽の業界に浮き沈みがあるというのは理解できるし、今難しい時期を迎えているということもわかるが、これは今まで起こってきた波の一部なのか、それとももっと大きな波なのか。ほかの娯楽産業では、例えば映画の衰退というものが1950年代、1960年代を過ぎてからあって、心ある映画人たちは作品によってそれを止めようとした。今の任天堂やそのコンソールゲームの不調について、例えば「スマートフォンのせいだ」として意見をされる方もおられるようだが、そうすることで任天堂が良くなると思えるアドバイスは私には見受けられない。任天堂自身は、このことについてどう考えているのか聞かせてほしい。

正直、スマホはデカい波ですな。
でも、コンシューマより流れが速そう。
この流れっていうのが、濁流で業界の浮き沈み。
重課金者1割とライト層の4割ぐらいでどこまでいけるのか?
玉石混淆は崩壊が速そう。

関連記事
[ 2014年06月29日 05:32 ] 任天堂 | TB(-) | コメント(41)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。