げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  デフレ化するゲーム価格にインディ開発者が警鐘「現状に耐えられるデベロッパーが多いとは思えない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デフレ化するゲーム価格にインディ開発者が警鐘「現状に耐えられるデベロッパーが多いとは思えない」

puppy-logo.jpg

デフレ化するゲーム価格にインディ開発者が警鐘「現状に耐えられるデベロッパーが多いとは思えない」

『Revenge of the Titans』で知られるイギリスの独立系開発スタジオPuppy Gamesの創設者Caspian Prince氏が、「君たちには何の価値もない: インディPRの闇」と題する記事を公式ブログに投稿。ゲームの大幅な値引きがもたらす悪影響に警鐘を鳴らしている。

Price氏は、Puppy Gamesが発足した2002年時点には、小規模なデベロッパーのゲームは20ドルで販売することが可能で、利益を挙げることができたと語る。販売後の技術サポートも、販売価格によって相殺することができたという。

しかし、SteamやBig Fish Games、Humble Indie Bundleの台頭によって事態は一変。Price氏によると、現在のインディ・ゲームの市場価値はほぼ1ドルまで下落しており、同社の『Revenge of the Titans』や『Ultratron』はSteamでは10ドルで販売されているものの、大幅な値引きがない限り全く売れないという。

Caspian Prince
君たちはかつて20ドルの価値があった。それからファンになって残りの4作品をそれぞれ20ドルで購入したとすると、100ドルの価値を持つことになる。

今では、君たちは我々にとって1ドルの価値しかない。我々のゲームを全て購入してくれたとしても、5ドル分の価値だ。Valveや税務署、銀行に間引きされると、コーヒーのカップ半分以下の価値しかないんだ。

顧客というのは誰しも、我々にとって自分が世界の全てに匹敵するほどの価値があると考えている。面白いのはそれは事実だということだ。顧客がいなければ、我々はホームレスになってダンボールで生活する羽目になる。しかし、個人レベルで見ると、君たちは蟻のような存在だ。あらゆるデベロッパーに周知の事実だが、公に口にする者はいない。君たちはサポートする価値がないんだ。生活を成り立たせたいなら、サポートを完全に無視する方がはるかにマシということだ。

自分たちの顧客を「蟻のような無価値の存在」と呼んだこの記事は、当然ながら賛否を含め様々な反響が寄せられている。

Games Industryの取材に対して記事の意図を説明するPrice氏は、過激な言い回しをすることで真実、つまりSteamの大規模なセールや、顧客が金額を決定できるHumble Bundleのようなやり方が、ゲームの市場価値を貶めている現状に警鐘を鳴らすことが目的だったと語っている。

Caspian Prince
真実を装った単なる目立ちたがりだろうと言われているが、実際は単なる目立ちたがりを装った真実なんだ。

あの記事は、これ以上ないくらい炎上しやすい書き方をしている。怒れるネット民たちが記事を誤解し、喧嘩を吹っかけてくることは百も承知でね。それが、ちゃんと記事を読んだ人たちの反論を喚起するんだ。

Price氏の目論見は成功を収め、記事には数百のコメントが寄せられている他、ツイッターや他の掲示板にまで議論が波及している。

Price氏は今回の記事で提起した問題は自分たちだけのことではなく、業界全体が抱える問題だと付け加えた上で、あくまで氷山の一角に過ぎないとしている。

Caspian Prince
顧客は我々にとって蟻のような存在かも知れないが、Valveにとっては我々が蟻なんだ。心を込め、魂を注ぎ込んで完成させたゲームを、Steamの大海の残酷な海辺に解き放つと、5分後には全く同じことをする連中が現れる。事実上、供給者が無限に供給されるんだよ。

Valveは「キングメーカー」であるとするPrice氏は、仮にSteamがPuppy Gamesの数年前のゲームをストアのトップに掲載した場合、一夜にして20万ドルの収益があるだろうと推測する。

Caspian Prince
我々が宣伝しようがしまいが、人々はゲームを買うだろう。我々には何の影響力もないようだ。我々には、もう誰かにゲームを買ってもらうことはできないんだ。宣伝などにどれだけに費用を費やそうと関係ない。Valveの気まぐれが成し遂げることとは比べ物にならないんだよ。

この傾向が続くなら、多くのデベロッパーが廃業に追い込まれることは確実だろうとPrice氏。

Caspian Prince
次に起きるのは、大量絶滅だろうと考えている。合併・統合が起きるはずだ。現状に耐えられるデベロッパーが多く存在するとは思えない。この状態があと一年も続けば、大量のデベロッパーが時間の無駄だといって諦めてしまうだろう。経済的に困窮してゲーム作りを止めてしまう人が増えるはずだよ。夢が潰えてしまうんだ。

App StoreとGoogle Playもこの問題の典型だと語るPrice氏だが、同時に解決策も提示されているという。

Caspian Prince
このような状況から脱するための解決策も存在する。現在ひっそりと開発を進めている基本プレー無料ゲームがそれだ。ゼロへのレースに代わる、実行可能な代用モデルになりえるだろう。20ドルからスタートして下がっていくのではなく、ゼロから始めて上を目指すんだ。とはいえ、基本プレー無料というのは全く違う世界だからね。成功するかどうか見当もつかないが、挑戦しなければならない。

近年はデベロッパーとプレーヤーが直接やり取りする機会が大幅に増加しているが、これは諸刃の剣だとPrice氏。

Caspian Prince
結局プラスに働いたかどうかは分からないよ。プラスになったと感じることもあるが、ファンとのコミュニケーションが過剰になりすぎるのは、最終的には双方にとって時間の無駄だろうと思う。とはいえ、ゲーム作りで心から楽しいと思える要素の一つでもある。「君たちのゲームは最高だ、買って良かったよ」なんていうメールを受け取ると、一日中ハッピーでいられる。これまで私が経験したコンピューター関連の仕事では、お前のコードはクソだとか、何も機能しないという文句を座って聞かされるだけだったからね。

綱渡りと同じようなものだ。重要なのは下を見ないこと。危険なんてない、何も起きないんだから、ただ綱の上を歩けばいいんだ。侮辱を個人的に受け止めてしまうという過ちを犯す人が多いが、「どう思われようと気にしない」と気付く瞬間が訪れる。そこに気付いた瞬間に、他人の意見を全て無視できるようになるんだよ。

Price氏は最後に、インディ市場が置かれている現状に対する理解を求めている。

Caspian Prince
1人の人間として、私の炎上記事を読んだ人全てに言っておきたいのは、私は決して君たち読者に対して無礼を働こうという意図はないということを理解してもらいたい。意図的に挑発しようとしているわけではなく、現状を伝えようとしているだけなんだ。私は実生活では人懐っこい人間だからね。挨拶してくれれば一杯おごったりもするよ。


http://www.choke-point.com/?p=17079

◆インディーズのゲームは難しいですな。
CMもほとんどやらないだろうし。
インパクトがあるゲームや面白いゲームがあっても、知る術がほとんどない。
数が多くて把握しきれないってのもある。

関連記事
[ 2014年08月25日 20:36 ] ゲーム | TB(-) | コメント(19)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。