げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  格ゲー・STG・アケ・趣味 >  ゾンビ化したAKB48メンバーを撃つゲームに米国記者「抵抗を感じずにはいられない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビ化したAKB48メンバーを撃つゲームに米国記者「抵抗を感じずにはいられない」

AKBゾンビ

ゾンビ化したAKB48メンバーを撃つゲームに米国記者「抵抗を感じずにはいられない」

ゾンビ化した「AKB48」メンバーを「愛のワクチン弾」で撃つ、バンダイナムコゲームスのアーケードゲーム「セーラーゾンビ」を、米国人記者がプレイしてみた。

バンダイナムコゲームスのアーケードゲーム「セーラーゾンビ」は、ゾンビ化した「AKB48」メンバーをワクチン銃で撃って救い出すというガン・シューティングゲームだ。

コインを入れた後、AKB48のメンバー7人から「パートナー」を1人を選ぶと、画面が深夜の暗い通りになる。わたしはパートナーに、入山杏奈を選んだ。

ゾンビ化した彼女はわたしに、彼女自身を撃つよう懇願した。わたしが感染しないようにするためだ。だが、これは、安楽死ではなかった。わたしの銃には、彼女の症状を一時的に回復させる「愛のワクチン弾」が装填されていたらしい。

ここまで進むと、あとはお馴染みのアーケード版シューティングゲームだ。カメラが自動的に動き、プレイヤーは、よろよろ歩いてくるAKB48メンバーやほかの感染者を撃つ。

ゲーム台は、プレイヤーの神経がすり減るように、座席が音を立てて動いたり、空気が吹き出したりするようになっている。パートナーが初めてわたしに突進してきたときには、彼女の息が顔にかかるのを感じて驚いた。

AKB48のヒット曲「フライングゲット」が流れると、ゾンビ化したメンバーが踊りだし、怖さが薄らぐ。プレイヤーは、リズムに合わせて銃の引き金を引く。人間性を奪う伝染病に罹っても、AKB48は決してパフォーマンスをやめない。

シューティングゲームは、次第に難易度がアップしていく。銃から弾が発射されるのが遅くなり、敵を倒すのに何回も撃たないといけなくなるのだ。1プレイは200円(約2ドル)だが、一通りプレイしようとすると、30ドルほどはかかりかねない。

ただ、ゲームプレイがもっと洗練されていたとしても、わたしはもう一度このゲームをプレイするのは避けるだろう。なぜかというと、女性の顔を撃つゲームだからだ。ヴァーチャル画像が本人と似ていて不気味なほどリアルで、あまりゾンビらしく見えない。体の肉は腐っていないし、出血や傷もない。茶色がかった黄緑色のメイクをした普通の人間のように見える。

AKB48のメンバーは、「握手会」によく参加してファンと会っている。今年の握手会では、2人のメンバーが、のこぎりを持った男に襲撃された(わたしがゲームでパートナーに選んだ入山杏奈も、このときの被害者のひとりだった)。

たとえ撃つのが愛のワクチン弾なのだとしても、わたしとしては抵抗を感じてしまうゲームだった。

http://wired.jp/2014/09/20/akb48-sailor-zombie/






◆話題先行型のファンゲームだからな。
ゾンビゲームなら、別にAKBじゃなくてもいいし
音ゲー部分も蛇足だね。

関連記事
[ 2014年09月21日 22:15 ] 格ゲー・STG・アケ・趣味 | TB(-) | コメント(30)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。