げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  特定アジア >  【7~9月期】試練のサムスン 営業益が前年比60%減

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【7~9月期】試練のサムスン 営業益が前年比60%減

3c7f60a2.jpg

試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期

聯合ニュース 10月30日(木)9時52分配信

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は4兆600億ウォン(約4200億円)だった。前期の7兆1900億ウォンに比べ43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。

 本業のもうけを示す営業利益が5兆ウォンを下回るのは、2011年10~12月期以来、約3年ぶり。営業利益は今月初めに発表した速報値より400億ウォン減った。
 売上高は47兆4500億ウォンだった。前期より9.4%減、前年同期比19.7%減となった。
 スマートフォン事業を担当する主力事業部のITモバイル(IM)部門の営業利益は1兆7500億ウォンだった。同部門の営業利益は今年1~3月期に6兆4300億ウォンを記録したが、4~6月期に4兆4200億ウォンに減少したのに続き、今回は1兆ウォン台に急落した。
 半導体とディスプレーを担当するDS(部品)部門の営業利益は2兆3300億ウォンで、前期(2兆900億ウォン)より業績が改善した。特に半導体は2兆2600億ウォンの営業利益を上げ、全体の業績が振るわない中、健闘した。
 消費者家電(CE)部門の営業利益は500億ウォンだった。
 スマートフォン販売量は小幅増えたものの、中低価格帯製品の割合が増えた上、従来製品の価格が下落し、平均単価が下がったと、サムスン電子は分析した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000012-yonh-kr


◆スマホがオワコン化してくるニュースはまだか?
中華勢はそこまで売れているのか?
買い換える人が減ったのか?
スマホ部門、6分の1ぐらいに減ったんですな。

関連記事
[ 2014年10月30日 22:18 ] 特定アジア | TB(-) | コメント(4)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。