げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  マンガ・アニメ >  【聲の形】週刊少年マガジンの異色マンガがアニメ化 最終回で発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【聲の形】週刊少年マガジンの異色マンガがアニメ化 最終回で発表

聲の形

<聲の形>週刊少年マガジンの異色マンガがアニメ化 最終回で発表
まんたんウェブ 11月19日(水)0時0分配信

 聴覚の障害を持つ少女と少年の心の触れ合いを描いた大今良時さんのマンガ「聲の形(こえのかたち)」がアニメ化されることが明らかになった。19日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)51号の最終回(第62話)で発表された。ヒロインへのいじめの描写が生々しいことなどから、雑誌掲載をめぐって編集部内でも意見が真っ二つに分かれた異色作。

 「聲の形」は、聴覚の障害を持つ少女・西宮硝子と、彼女へのいじめに加担していた過去を持つ少年・石田将也の物語で、2人の衝突や再会を通して、孤独や絶望、愛などを描いたマンガ。最初は「別冊少年マガジン」2011年2月号と「週刊少年マガジン」13年12号に読み切りが掲載され、読者の反響や監修の全日本ろうあ連盟の後押しもあり、「週刊少年マガジン」で13年8月から連載が始まった。コミックスは1~6巻で200万部を発行している。

 アニメ化の詳細は今後、誌上で随時発表する。同誌51号では作者・大今さんのインタビューや、次回作のイメージラフも掲載されている。コミックス最終7巻は12月17日に発売予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000020-mantan-ent


◆アニメ化されると、あの騒動はアニメ化の為の布石だったのか?と思っちゃうわけですよ。

作者である大今は2008年に当作品(オリジナル版)を『週刊少年マガジン』編集部に投稿し、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞で入選を受賞する。当初は新人賞の副賞として『マガジンSPECIAL』2008年12月号にて掲載される予定であった[9]が、聴覚障害者に対するいじめをテーマにしていることなど内容の際どさから掲載は見送られ、以降どこにも掲載されることなく一時「幻の作品」となった[10]。
その後大今は2010年に創刊されたばかりの『別冊少年マガジン』にて「マルドゥック・スクランブル」(原作・冲方丁)の連載を開始。これがヒットすると、『別冊少年マガジン』の班長であった朴鐘顕は「どうしても(大今の)受賞作を読者に読んでほしい」との思いから、講談社の法務部および弁護士、さらに全日本ろうあ連盟とも協議を重ねた結果、『別冊少年マガジン』2011年2月号にて念願の掲載を果たした[10]。この時ろうあ連盟からは「何も変えずそのまま載せてください」との評価を受け、同連盟から監修のお墨付きを貰っている[10]。

wiki


◆これも、別に抗議されて見送ったわけじゃないよね?
いじめをテーマにしているとはいえ、
全日本ろうあ連盟のお伺いは過剰にみえる。

聴覚障害を扱った漫画

聴覚障害を扱った漫画

    あみーご×あみーが(瀬口たかひろ)
    聞こえますか愛!(星野めみ) - 主人公の好きな相手が聴覚障害者でこけしの民芸技術を持つ。
    きみの声 ぼくの指(横谷順子)
    君の手がささやいている(軽部潤子)
    金魚奏(ふじつか雪)
    遥かなる甲子園(山本おさむ)
    わが指のオーケストラ(山本おさむ)
    聲の形(大今良時)

wiki


◆聴覚障害のマンガはありますが、聲の形以外で許可取ったのかな?
創作でモデルがいなかったら許可取らなくてもいいと思うけど。
当時、「赤ちゃんポスト」が話題になってましたが
固有名詞を出さず、単なる「孤児」なら抗議は来なかっただろうと。

関連記事
[ 2014年11月19日 14:40 ] マンガ・アニメ | TB(-) | コメント(0)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。