げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  ネット・話題 >  ミニ四駆のレースに2万6000人が参加! “リターンズ”定着のワケ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミニ四駆のレースに2万6000人が参加! “リターンズ”定着のワケ

ミニ四駆

ミニ四駆のレースに2万6000人が参加! “リターンズ”定着のワケ
日経トレンディネット 11月19日(水)13時4分配信

 今、20代後半~30代半ばの世代を中心に、「ミニ四駆」が盛り上がっている。

 ミニ四駆はプラモデルメーカー、タミヤが1980年代前半から販売を続けているモーター駆動の玩具。1980年代末と1990年代半ばに社会現象ともいうべき大ブームを巻き起こしており、累計販売台数は何と1億7000万個以上という“怪物”だ。その2度のブームが子ども中心だったのに対し、現在の主役は大人。つまり、かつてのミニ四駆少年たちが再びレーサーへと“リターン”しているのだ。

●自分で仕上げたマシンで速さが競える

 さてこのミニ四駆、一体何がそんなに面白いのだろうか?

  モーターで動く模型自体は発売開始当時であってもさほど珍しいものではなかったし、いまや極めてシンプルでアナログな玩具といえるだろう。

 登場当時、ミニ四駆が画期的だったのは、何といっても車体を規格化して、専用のグレードアップパーツを組み付けることにより、性能や特性を自在に変化させられたところ。そうやって仕上げたマシンを駆って、専用サーキットで友だちと速さを競うという、プラモデルにいわば“ソフト”の概念をプラス。ホビーとして無限大の奥行きを手に入れたのだ。また、接着剤が不要で誰でも簡単に組み立てられたことも、絶大な支持を得る理由の1つである。

●“実車”で得た経験や知識も応用できる

 そんなミニ四駆の魅力は大人になっても変わらない……いや、じつはさらに面白くなる。なぜなら、より速く走らせるには、物理法則や運動力学に則った理論的なセッティングが求められるからだ。

 低重心化に高剛性化、慣性モーメントの低減、振動の減衰、フリクションロスの減少などなど、大人になり、クルマやモーターサイクル、自転車といった“実車”で得た経験や知識をこの全長わずか165mmのマシンにも応用できるのである。とはいえ、セッティング作業そのものは豊富に用意されたグレードアップパーツを組み込むだけで可能なので、多少の応用力があれば特殊な工作技術は必要なし。子どもでも楽しめる間口の広さ、フレンドリーさは昔から変わっていない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141119-01061365-trendy-bus_all&p=1


●第1次、第2次ブームと違う“定着感”

 現在、ミニ四駆の専用コースを設置している販売店は「ミニ四駆ステーション」と呼ばれ、マシンセッティングやレースを楽しむだけではなく、情報交換の場としても機能している。効率的に速くなるにはベテランレーサーに教えを乞うのが一番というわけだ。そこで知り合った者同士で公式大会にエントリーするなど、ミニ四駆を通じた人間同士のコミュニケーションもまた“大人のミニ四駆”の醍醐味なのだ。

 タミヤが運営する「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」も、そんなミニ四駆ステーションの1つ。2階には大きなコースが設置され、夕方以降になると会社帰りのビジネスパーソンでにぎわう。

 「最近は第三次ブームとよく言われていますが、今回は以前の爆発的なブームとは違い、大人のホビーとしてしっかり定着した感があります。人気が高まり始めてからすでに4年目に入ってますから。やはり子どものころにミニ四駆をやっていた世代が中心ですが、会社の先輩に誘われて始めたという若い方も多くいらっしゃいますね。  これまでのブームと違い、女性が多いことも特徴だと思います。模型趣味というとどうしてもオタク的なイメージが強かったのですが、現在では非常にニュートラルな感覚で女性にも興味を持っていただいてます」(ストアマネージャー 半谷孝道さん)

●公式大会には2万6000人ものレーサーが参加

 1990年代末の第二次ブームではミニ四駆を題材にしたアニメが放映され人気を博していたが、当時、それを観ていた女の子が大人になり、改めてミニ四駆を始めるケースも多いのだとか。ちなみにこの日も数名の女性がサーキットでマシンを走らせていた。

 2014年に行われた公式大会「ジャパンカップ」では全国で合計2万6000名もの人数(観客ではなく、レース参加者の数)を動員し、ますます盛り上がりを見せるミニ四駆。次回はより具体的な遊び方、実践編をお届けしよう。

■タミヤ プラモデルファクトリー新橋店 所在地:東京都港区新橋4-7-2 6東洋海事ビル 営業時間:12:00~22:00(平日)、10:00~18:00(土日祝日) TEL:03-6809-1175 公式サイト

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141119-01061365-trendy-bus_all&p=2


◆前記事と続いてノスタルジーですな。
これだけ続けば、ジェネレーションギャップもありますな。
今の子どもに「サンダードラゴンが~」と言っても通じない。
「ダッシュ!四駆郎」世代と「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」世代も、ちょっと違う。

関連記事
[ 2014年11月20日 23:05 ] ネット・話題 | TB(-) | コメント(2)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。