げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  ネット・話題 >  衆院議員にサイバー攻撃!標的メール、海外発信か 解散情報狙う?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衆院議員にサイバー攻撃!標的メール、海外発信か 解散情報狙う?

ちゅうかけい

衆院議員にサイバー攻撃 標的メール、海外発信か 解散情報狙う?
産経新聞 11月23日(日)7時55分配信

 衆院議員や衆院事務局職員が公務用パソコンで使うメールアドレスに、情報を盗み取ろうとする「標的型攻撃メール」が今月上旬以降、大量に送られていることが22日、分かった。政府関係者が明らかにした。中央省庁の職員にも同様のメールが送られていた。政府は、何者かが組織的に安倍晋三首相による消費税再増税凍結や衆院解散方針をめぐる動向を探ろうと情報収集を活発化させた可能性が高いと判断。外国からの組織的なサイバー攻撃の可能性が高いとみて、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が被害状況の確認を急ぐとともに、注意を喚起している。

 関係者によると、政府は今回送りつけられた、ウイルスが仕込まれた添付ファイル付き「標的型攻撃メール」について日本でよく使用されているソフトの未知の弱点を利用した「極めて高度なサイバー攻撃」と断定した。発見当時、中央省庁や衆院で導入中のウイルス対策ソフトでは検知できないケースがあったという。

 22日までに衆院議員(現在は前議員)とその公設秘書、職員のうち計40人以上に送付され、少なくとも職員2人が添付ファイルを開封した。衆院関係者は「開封したケースはあったものの、外部との通信は行われていなかったため情報流出はない」としている。

 ただ、衆院では送付先としてメールアドレスが大量に流出していた事態に衝撃を受けている。

 中央省庁に比べ、今後も頻繁にサイバー攻撃にさらされる恐れがあるとみて、NISCと協力して関係者に不審メールを開封しないよう呼びかけて警戒を強めている。衆院では平成23年夏、サーバーに攻撃を受け、議員らのパソコンがウイルス感染した。

 当時の全衆院議員のIDと暗号化されたパスワードがサーバーから外部に流出した形跡が見つかった。

 全議員の受信メールが盗み見られる可能性があった。感染したサーバーやパソコンはウイルスの作用で3つの不正サイトにアクセス。これらのサイトは中国、シンガポール国内にあった。

 NISCはウイルス感染に伴う情報流出の有無について「(攻撃してくる)相手を利することになるので、明らかにしない」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00000054-san-soci


>全議員の受信メールが盗み見られる可能性があった。感染したサーバーやパソコンはウイルスの作用で3つの不正サイトにアクセス。これらのサイトは中国、シンガポール国内にあった。

◆他国が日本の政治に興味深々なんだなw
感知できないウィルスってオリジナルなのかね?

関連記事
[ 2014年11月23日 22:44 ] ネット・話題 | TB(-) | コメント(10)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。