げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  特定アジア >  ソニー創業家の失敗作を中国系資本が購入…止まらぬ“日本買い”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソニー創業家の失敗作を中国系資本が購入…止まらぬ“日本買い”

旧新井リゾート

ソニー創業家の失敗作を中国系資本が購入…止まらぬ“日本買い”
2014.12.10 11:50 DMMニュース

「土日の大雪で現地調査ができなくなり、年内の公売(官公庁が行なう競売)が難しくなりましたが、その方針は変わりません」

 新潟県妙高市の公売担当者は、12月8日、1メートル50センチにも達したという豪雪を嘆きながら、こう明言した。妙高市が手続きを進めているのは、一時は「春まで滑降可能なスキー場」として人気を集めた旧新井リゾートである。

 妙高市窪松原の約200万平方メートルの敷地に、ホテル施設などが点在、ピーク時には20万人を超えるスキー&リゾート客を集めて賑わった。
家賃滞納まで落ちぶれた創業家の長男

 海外の一流保養地を目指した豪華リゾートを建設したのは、ソニー創業者・盛田昭夫氏の長男・英夫氏である。500億円もの資金を投入したものの、過剰投資で開業時から経営は思わしくなく、スキー人気の低迷もあって2006年から事業を停止した。

 ここが英夫氏の“ケチ”のつきはじめだった。国内の失敗を取り戻すかのように、海外リゾートや自動車レースのF1に次々に資金投下するものの、いずれも失敗し、資産を失っていった。

 負債に追われ、カード代金やマンション家賃の滞納で、相次いで裁判を起こされている英夫氏の“惨状”はかつて『フライデー』(2014年8月15日号)でも報じられた。

 旧新井リゾートの当初予定の最低公売価格は9億1640万円。価格は、現地調査を踏まえて再調整されるが、買収に名乗りを上げているのが建設とリゾート運営のA.Cホールディングス(ジャスダック)である。

 同社は11月20日、新株予約権を利用した増資を発表。資金使途を「スキー場及びその併設のホテルの購入」と発表した。取得資金は約13億円。施設名は明かしていないものの、周辺取材の結果、旧新井リゾートであるのは間違いない。

 A.Cホールディングスは、2013年末の段階で大株主が入れ替わり、中国系資本がオーナーとなった。まだ過半数には達していないが、増資が完了すると50%を超える。

 旧新井リゾート購入目的に 「中国・アジア富裕層のツアー客を集める」とある。盛田家だけでなく、ソニーブランドにも陰りが見える今、ソニー創業家の後始末を、中国系資本が引き受けた ――ここに日中の勢いの差を感じてしまうのは、筆者だけではあるまい。

http://dmm-news.com/article/901974/


◆中国が日本の土地を買い漁っているのは有名だね。

都心の高級物件買いあさるアジア系外国人 一斉に売られる可能性も
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141207/ecn1412070830002-n1.htm

全部中国人とは言わないけど、これもそうだね。
商品の「爆買い」とかでも有名だしね。

関連記事
[ 2014年12月11日 23:13 ] 特定アジア | TB(-) | コメント(4)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。