げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  セガ >  「セガネットワークス メディアカンファレンス 2015 Winter」でスマホ展開を実地。ゲームとコミックの連携として「週刊少年マガジン」との取り組みを発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「セガネットワークス メディアカンファレンス 2015 Winter」でスマホ展開を実地。ゲームとコミックの連携として「週刊少年マガジン」との取り組みを発表

セガスマホ

セガネットワークス新作発表会で「ケイオスドラゴン」など国内外での展開を発表!Noah Passでは週刊少年マガジンとの取り組みを実施

セガネットワークスは本日2月19日、「セガネットワークス メディアカンファレンス 2015 Winter」を開催した。Noah Pass事業戦略発表会と国内外事業戦略および新作発表会の2部構成で行われた、本発表会の模様をお届けしよう。


セガネットワークスは統合後もカンパニー制を採用

冒頭で挨拶を行ったセガネットワークス 代表取締役社長CEO 里見治紀氏は、4月1日付けで行うセガサミーホールディングスのグループ会社の組織再編について言及。セガネットワークスは、エンタテイメントコンテンツ事業を担う新会社・セガホールディングスの事業セグメントの一つである、コンシューマ事業に属するセガゲームスに組み込まれることとなる。セガゲームスは現セガのコンシューマ事業部門との統合となり、同じく同社グループでコンシューマ事業を行うアトラスはセガゲームスの子会社となる。

4月1日付けでセガゲームスとして営業していくこととなるが、従来のセガおよびセガネットワークスについてはカンパニー制を敷くことで従来の形態を継承。以前、セガネットワークスを分社化した目的でもあった事業に対するスピードを活かしつつ、人材の流動性や資金の確保などを目指していくとのこと。

また、2014年度から2015年度にかけての成長率については四半期平均で21%、年間成長率としては150%となるなど自社としての目標は達成したものの、同社が期待をかけていたタイトルのリリースが2015年にスライドしたこともあり、里見氏自身は残念な年だったと振り返りつつ、今後の国内市場におけるタイトル拡充や、海外市場、とりわけ欧米市場に向けたビジョンを語った。


Noah Passがコミック誌「週刊少年マガジン」と連携

続いて登壇した上席執行役員 事業本部長 岩城農氏からは、前回同様にマーケティング支援ツール「Noah Pass」の現状と、新たな試みについて紹介した。

「Noah Pass」では“B to B sharing”という言葉の通り、その業界では持ち得ないファンクションを法人間でシェアリングするという取り組みを行っている。相互送客においても月額課金サービス、ポータル、コマースなどさまざまな連携を行ってきたということだが、その中で成功事例として挙げたのは、マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」との相互送客だ。

同アプリ上の人気タイトル「恋と嘘」と、Noah Passに参加する3アプリとで20万件以上の相互送客が得られたということで、未だ娯楽として根強いコミックとの親和性が高いのではないかという考えのもと、この2業種をどうつなげていけるかを検討。電子コミック市場は拡大しているものの、電子コミックを読んでいるユーザーはまだ少ないという観点から、ゲームとコミックの連携として、全コミック誌の電子化を進める講談社の「週刊少年マガジン」との取り組みを発表した。

その具体的な内容についてはまだ伝えられないということだが、発表の後に登壇した講談社 第三編集局 週刊少年マガジン編集部 橋本脩氏は、セガネットワークスと協力することでただの電子化に留まらない、より魅力的な取り組みを実現していきたいとその抱負を語った。

そしてセガネットワークスが提唱する、7つのゲームユーザータイプ、9つのライフスタイルタイプによるスマートフォンゲームユーザーの汎用言語化については、その分類をマーケティングに活かしていくためのステップとして追加サービス“DashBoard(ダッシュボード)”を提供すると発表。こちらはさまざまな分析を軸に、独自レポート、独自サービスの3つの観点から情報を得ることができるものとなっている。

その取り組みを行うにあたって、スマホアプリの分析・集客・収益化を支援するアプリ開発者向けプラットフォームを提供するメタップスとの戦略業務提携、ビッグデータ関連の分析を行うデータセクションとの業務提携を発表。前者は「metaps(メタップス)」などのサービスを通じてデータ分析に深い知見を持っていることから、ゲーム運用に有効なデータの提供、そして後者はメディア接触ランキングなどのデータの提供を行うこととなる。

最後に岩城氏からは、また近いタイミングでNoah Passがどういった完成形を見せるのかを見せていきたいとコメント。判断を科学していくということをテーマとしたDashBoardのβ版は、4月1日よりゲーム会社向けに提供が予定されている。


国内市場に向けた長期トレンドは“コンソールクオリティへの進化”

続いて行われた第2部では岩城氏が再び登壇し、2015年の国内タイトル事業のビジョンを紹介。拡大の一途をたどる国内スマートフォン市場だが、短期のトレンドに留まらず、長期的なトレンドを見据えることはセガブランドとしてゲームを作り続けていく上で今後も考えていくべきことだと話す。

2015年のトレンドを見る上では、モバイル分野におけるハイエンド化がすさまじい速度で進んでいること、そして初期開発費の高騰に併せて、大規模な開発体制が今後も必要にになることから、コンテンツのハイエンド化は歴史の流れとして不可避である点から、長期トレンドとして、コンソールクオリティへの進化を掲げた。これはセガネットワークスが創設した2年半前から信念をもってやってきたが、そこをより加速していくという。

そして短期トレンドとしては、今まで以上にスマートフォンを遊ぶ上でのゲーム要素が強くなるという観点から、マルチプレイ、アクション性、IP/世界観の3つを提示。今回発表する3タイトルはこれを意識して制作しており、これがコンソールクオリティの進化の一歩目に当たるという。そして今後の提供タイトルについても、上記の戦略に則った上でサービスできることを目指していることを明かした。

ここからは2015年春から夏にかけてサービス開始予定の3タイトルについて、それぞれ紹介していこう。

http://www.gamer.ne.jp/news/201502190098/

◆まだ続きますが、スマホゲームの紹介や画像はサイトに飛ぼう。

>セガネットワークスは、エンタテイメントコンテンツ事業を担う新会社・セガホールディングスの事業セグメントの一つである、コンシューマ事業に属するセガゲームスに組み込まれることとなる。セガゲームスは現セガのコンシューマ事業部門との統合となり、同じく同社グループでコンシューマ事業を行うアトラスはセガゲームスの子会社となる。

◆怒涛の勢いだな。
コンシューマ事業部門の統合というより、
吸収しそうな勢いがある。
セガゲームスの発表会を見てからじゃないと、判断はできないが。

関連記事
[ 2015年02月20日 06:25 ] セガ | TB(-) | コメント(1)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。