げはにゅ

ゲームと気になった時事ネタ
げはにゅ TOP  >  スポンサー広告 >  マイクロソフト >  【調査実施者:SCE】国内PS版の『マインクラフト』が50万DLを突破、PS Vita版が牽引し小学生のあいだでブームの兆し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【調査実施者:SCE】国内PS版の『マインクラフト』が50万DLを突破、PS Vita版が牽引し小学生のあいだでブームの兆し

正解AA

国内PS版の『マインクラフト』が50万DLを突破、PS Vita版が牽引し小学生のあいだでブームの兆し

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、国内プレイステーション版『マインクラフト』の累計販売本数が50万本突破したことを明らかに。

●配信から8ヵ月後のいまも継続的なセールスを記録

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、PlayStation Storeでダウンロード販売している『マインクラフト』(対応機種:PS Vita、PS4、PS3)の国内累計販売(有料ダウンロード)本数が50万本を突破したことを発表した。とくにプレイステーション Vita版が好調で、販売数は20万本を突破(2015年1月26日時点)。SCEJAは、1月に開催された次世代ワールドホビーフェアでのアンケート結果も公表し、そのPS Vita版が低年齢層を中心に支持されていることを明らかにしている。

全世界で大人から子どもまで楽しまれている”無限のアソビ場”『マインクラフト』
日本国内でも小学生の間で新しいブームの兆し
国内PlayStation版、累計販売本数50万本突破
配信から8ヶ月後の今も継続的な好セールスを記録中!


 『マインクラフト』は、スウェーデンのベンチャー企業、Mojang ABが開発した“冒険・ものづくりゲーム”です。ゲームのなかで自由に遊べるとして世界中で人気を博し、パソコンやスマートフォン、家庭用ゲーム機向けに販売され、全世界で約5,400万人以上がプレイしています。※1その人気は留まることを知らず、動画投稿サイトYouTubeでも世界中から沢山のプレイ動画が投稿されています。

 PlayStation版『マインクラフト』シリーズは、2014年6月24日(火)に『Minecraft: PlayStation 3 Edition』、10月29日(水)に『Minecraft: PlayStation Vita Edition』、さらに12月25日(木)に『Minecraft: PlayStation 4 Edition』が日本国内においてプレイステーションの商品を販売するオンラインストアPlayStation Store(PS Store)より発売され、2015年2月2日(月)時点で、その累計販売(有料ダウンロード)本数が50万本を突破いたしました。これは、日本国内のPS Storeにおける新作有料ソフトウェア最多販売(ダウンロード)本数記録となっています。

 とりわけ『Minecraft: PlayStation Vita Edition』は、PS3版に4ヶ月遅れての販売開始にも関わらず、発売から約3ヶ月で1月26日(月)時点で20万本の販売数を突破しました。特に、低年齢層の皆様からもご支持をいただいており、昨年末の昨年の年末商戦においては、この『Minecraft: PlayStation Vita Edition』が既発ソフトウェアとしては記録的な販売実績となっております。現時点での週間販売本数でも3フォーマットの中で最も販売本数が多くなっており、PlayStation版『マインクラフト』人気を牽引していると言えます。

 現在も、その人気は衰えるどころか日に日に加速しており、ゲームユーザーだけではなく、大人から小学生まで多くの方に「マイクラ」の愛称で親しまれています。

昨年の夏から小学生を中心に「マイクラ」の波が広がっています!~マインクラフトのこれまでの人気~

■「月刊コロコロコミック」、「おはスタ」での継続的な特集


 昨年の夏からは小学生を中心に徐々に「マイクラ」の波が広がり、小学生向けコミック誌「月刊コロコロコミック」では9月から毎月特集が継続的に展開されたり、小学生向け人気テレビ番組「おはスタ」で、10月から毎週のレギュラーコーナーとして特集されたりするなど、小学生の次世代の遊びの定番としての可能性が注目されています。

<小学館「月刊コロコロコミック」編集長代理和田誠氏のコメント>
「マインクラフト」が小学生の間で遊ばれているらしいという話が出始めたのが2013年の秋頃。その頃から注目はしていましたが、スマホアプリやパソコンといったプラットフォームではコロコロコミックとして取り組むには時期尚早と思っていたところ、PS Vitaなどのゲーム専用機で発売されることを聞き、いよいよ記事展開をすることに決めました。2014年の夏より展開を開始し、新しもの好きの小学生読者が飛びつき、大きな反響をいただいています。1月より開催している「次世代ワールドホビーフェア」の「マインクラフト」ブースでは多人数プレイに興味津々だった子どもたちが実際に体験し、さらに熱中度を深めている姿を目の当たりにしました。父親・母親世代の認知はまだまだかもしれませんが、小学生の間でのブレイクはもう目の前に来ていると思います!

■子供向けイベント(小学館:次世代ワールドホビーフェア’15 Winter)でも圧倒的な注目度!

開場からまもなく、試遊するための待機列が150分に。常時入場制限がかかるなど、既に発売されているゲームとは思えない、異例の人気ぶりが業界関係者の間で話題になっています。

■実際に試遊体験した小学生の声

小学生向けイベント「次世代ワールドホビーフェア’15 Winter」『マインクラフト』ブース来場者アンケート(回答者:1,070名)より抽出

Q)学校のクラスでマインクラフトをやっているお友達はいますか?

→ブース来場者の7割がクラスメイトに『マインクラフト』をプレイしている友達がいると回答。

Q)学校のクラスでマインクラフトをプレイしているお友達は何人いますか?

→回答のピークはクラスに3~4人だが、クラスで10人以上がプレイしているとの回答も、15%を超えてきている。

Q)プレイしたデバイスは?(MA/ N:「マインクラフトをプレイした事がある」と回答した回答者:620名)

→2014年10月末に『マインクラフト』がプレイできるようになったばかりのPS Vitaが首位のスマートフォンに迫る勢いでプレイしたデバイスとして回答されている。スマートフォンやパソコンなど親のデバイスを借りてプレイしている小学生がいる一方で、携帯ゲーム機PS Vitaをはじめとする自分のデバイスでプレイする小学生が拡大してきている。

Q4)「マインクラフト」のどんなところが好き/楽しいと感じるか?(MA)


→「自由に遊べるところ」「冒険が楽しい」「飽きずに長く遊べる」「ものづくりが楽しい」「みんなで遊べる」など、ブロック遊びのように、決められた目的に縛られず、自由に冒険やものづくりを行えること。さらに、自分一人だけでなく「みんなで」その体験を共有できるという点にタイトルの魅力を感じている小学生が多い。また、普遍的な部分が評価されている点から一過性のブームではなく、ロングヒットにつながる要素も持ちあわせている。

アンケート名称:『マインクラフト』に関するアンケート
調査実施者:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
調査対象: 小学館「次世代ワールドホビーフェア’15 Winter」会場内における『マインクラフト』ブース体験者 1,070名
記入方法:自記式
配布と回収:イベント会場内で配布・回収
調査期間:2015年1月18日(日)~2月8日(日)
地域:東京、名古屋、大阪、福岡

■マインクラフトとは

 『マインクラフト』は、ブロックでできた広大な世界で、ブロックを組み合わせアイテムの作成や家などを建てながら自分だけの世界を作り、冒険やその中での生活を楽しめる”無限のアソビ場”です。ゲームプレイではものづくりのほか、モンスター討伐や貴重なアイテムの収集などの冒険もお楽しみいただけます。ゲームクリアの条件や明確な目的もないため、終わりのない世界で遊び続けることが可能です。
 初心者からゲーム好き、子どもからおとなまで幅広い方々に各々の遊び方で楽しんでいただけます。

■ゲームクリアに縛られることなく、自由自在に自分の世界を作成できる。
欲しいものは探して、ないものは作る世界!
地形や資材は全て立方体のブロックでできており、ブロックを組み合わせることで建築物やアイテムなどを作成できます。素材は、自然の中で取れるものから、素材同士を組み合わせることで初めてできるものまであり、新たな素材を入手することで作成可能なアイテムの種類が増えていきます。ゲームクリアの条件や明確な目的もないため、何にも縛られることなく、自由にフィールドの探索や資源を採掘し、ものづくりをお楽しみいただけます。

■地底に眠る宝を手に入れ、強力なモンスターを倒す大冒険

暗い夜や洞窟には多くのモンスターが待ち構えており、武器や防具を作成することで倒すことができます。また遠方に進むと、廃墟や遺跡といった建造物があり、そこにしかない貴重なアイテムも存在します。広大な世界で、ものづくり以外の冒険が楽しめるのも本作の魅力です。

■畑を耕し牧場を作り、ゆったりと過ごす村づくり
本作では、畑を耕し農作物を育てることで食べ物を手に入れることができます。ブタやニワトリ、ヒツジやウシといった動物たちを集めて牧場を営むことも可能です。収穫した食材をかまどで調理して食べるなど、村人たちとのんびり暮らすのも楽しみ方のひとつです。

■仲間と一緒に建築や冒険をすることで更に広がる世界
仲間と協力して遊ぶマルチプレイに対応しており、PS Vita版では最大4名、PS3®版とPS4TM版では最大8名で同じ世界で遊ぶことができます。一緒に大規模な建築物を作ったり、深い洞窟へ冒険に出かけたりすることで、楽しみ方が広がります。


※2014年6月時点英国ゲーム情報サイトMetro記事より)
※1 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして国内およびアジア各国・地域向けのビジネスを担当。

http://www.famitsu.com/news/201502/25072536.html


◆表はサイトに飛ぼう。
MSは高い買い物したと思っているが、良い買い物したな。
どっかと違って、ちゃんと国内Vita版も出すし。
小学生がVitaを勝っても他のソフトは何をするんだろう?と思ったりする。

関連記事
[ 2015年02月27日 08:35 ] マイクロソフト | TB(-) | コメント(26)
PR
楽天PR
最新コメント

検索フォーム
最近の記事+コメント
Categories...B

openclose

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
ランキング
QRコード
QR
広 告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。